~共働きのススメ~ワンオペ育児・頼れる家族なしでも迷わず職場復帰した私が共働きのメリット・デメリットを紹介

共働きのメリット・デメリット

共働きと専業主婦/主夫家庭、どっちが正解とかえらいとかないです。
それぞれにメリット・デメリットがあります。
転勤族だったり職種だったり時代だったり優先度などなど、それぞれ家庭の事情や状況が違うので家庭の有り方も様々ですよね。

私自身は30代のワーママです。
私の両親は地方在住で頼れず、夫の両親は海外です。
夫は激務で帰宅が22:00とか23:00がデフォルトなので、平日はほぼワンオペ育児です。

それでも私は一瞬の迷いなく職場復帰を選びました。
ワーママ=辛い、しんどい、大変なんてイメージがあるかもしれませんが、楽しいこと・メリットも沢山あります。

この記事では私や私の周りの経験を元に共働きのメリット、デメリットとその対策を紹介します。

共働きってメリットが多いので、よく聞く「夫が激務で頼れる家族もいないからワンオペ育児になるから産後退職した」はもったいないと感じています。
育休後復帰を迷っている人や、一度職場を離れたものの復帰を迷っている人の参考になれば幸いです。

Sponsored Links

共働きのメリット

共働きのメリットを紹介します。

共働きのメリット①世帯年収が増える

なんと言ってもお金です。私の場合もこれが1番でした。

夫の収入だけだと、今より安いマンションに引っ越して節約して生活すれば毎月の支払いはなんとか赤字にはならないかもしれないです。
が、冠婚葬祭費用や帰省費用など年間でかかる特別費なんかも考慮するとかなり制限がかかった生活になります。

お金のために友人のお祝いをできないとか、帰省して家族や友人に会えないのは嫌ですし、
数十円でも安い野菜を探すためスーパーをはしご、なんてするくらいなら働いて収入を増やすほうが効率が良いです。

今60代の私の親世代は父親が大黒柱、母親は専業主婦、という割合がかなり多い時代でした。
当時より今の会社員の平均年収が大きく下がり、対して物価は上がっているので家庭を持っていると一馬力でやっていくのはかなり難しい時代です。

もちろん、今でも優秀で収入が高く一馬力でも十分稼げている人もいます。
が、そんな人の数は私達の親世代に比べ減っているのが事実ですよね。

夫婦で一方だけの収入でやっていくのと、共働きでやっていくのとでは収入は大きく変わってきます。

例えば妻の年収が200万でも、10年で2,000万円収入が変わってきます。
20年で4,000万です。
その分保育園や外部サービスの利用などで支出が増えたとしても、4,000万あるのとないのとでは大違いです。

共働きのメリット②長期的なキャリアを考えたときにブランクがないほうが有利

職種にもよります。職種にもよるんですが、多くの会社では働いていない期間=ブランクがあると次に就職するときに不利になります。

例えば就職後正社員で働いていても、一旦働くことから離れブランクが数年あると
残念ながら今の日本だと次に新たに正社員のポジションにつくのはハードルが上がってしまいます。
これは何も結婚後とか出産後に限らず、留学後やワーキングホリデーなどのために一旦働くことから離れた人すべてに言えることです。

正社員じゃなくても派遣社員から実力が認められ、契約社員、正社員とステップアップするのも手ですが、
選択肢が最初から狭まってしまうのはもったいないです。

Maya

時短でも、業務内容が裏方に変わってしまっても「ブランクがないこと=働いていること」が今後のキャリアに良い影響があります。

共働きのメリット③社会との関わりが持てる

仕事をしていないと、子育てと家事だけに追われ社会との関わりが持ちにくくなりがちです。
配偶者以外の大人と会話する機会が一気に減るんです。

一方働いていると毎日誰かしらとコミュニケーションを取ることになりますし、
家庭以外で自分の役割があり、必要とされる・評価される場所があることは自分の価値を感じられ自信に繋がります。

共働きのメリット④子供に色々な経験をさせてあげられる

小さい子供がいる共働きだと子供を保育所に預けることになりますよね。
「小さいうちから保育所なんてかわいそう」なんて上の世代に言われたりしますが、こういった場所って色んな経験をさせてくれます。

天気が良い日は毎日外にお散歩に連れて行ってくれます。
毎月のお誕生日会、七夕、プール、クリスマス会、豆まきなど、年間の行事はもちろん、多くの事業所で毎月何かしら工作の時間があったりします。
母の日、父の日も工作でプレゼントを作ってくれます。

自宅で自分で子供を見ていて、毎日外に連れ出して更にそういったイベントを全部カバーするのって結構大変ですよね。

ズボラな私の場合、自宅で子供を見ていてそういう風に色々な経験をさせてあげられるかといえば正直NOなので園にはとても感謝しています。

共働きのメリット⑤何かあったときのリスク回避になる

生きていると何かとリスクはあります。

今や終身雇用というシステムはあてにできないのでどんなに大手で働いていてもリストラのリスクはあります
それ以外でも病気で働けなくなったり、不吉なこと言いますが離婚したくなるような出来事が起こるかもしれません。
よく専業主婦の妻が、離婚したくても経済的なことが理由で我慢しているって聞きませんか?
それって全然自由じゃないですよね。

共働きで夫婦それそれに収入があったほうが、お金がある分選択肢が増え、様々なリスクに強いです。

共働きのメリット⑥完全に一人の時間ができる

自宅で子供を見ていると、なかなか自分1人の時間ってないです。
やっとお昼寝した、と思ってもいつ起きるか分からない状況で何かをするって結構ストレスなんです。
いつ中断になるか分からないので。

働いていると通勤時間やランチの時間は完全に一人です。
仕事中も集中して仕事ができるのは達成感を感じられます。

共働きのメリット⑦保育園で色んなトレーニングをしてもらえる

通わせる園にも依りますが、自分でご飯を食べるトレーニングやトイレトレーニングなどをがっつりやってもらえるところもあります。
私の友人は自宅でトイレトレーニングせずに、園だけで完了したと言っていました。✨

Sponsored Links

共働きのデメリットとその対策

次に共働きのデメリットと、それに対する対策案を紹介します。

共働きのデメリットとその対策①とにかく忙しい

はい、とにかく忙しいです。特に朝は分刻みでTO DOをこなす感じです。
職場でもトイレに行く時間がもったいないくらい忙しいです。
夜は夜で何時までにお風呂入れて、ご飯食べさせて。。。と時間との闘いです。

対策⏩
夫婦で役割分担をしっかりすること。これは長くなるので別記事にて紹介しますね。

手っ取り早いのが便利家電・サービス、アウトソースを使うこと。
働いていればそれらを導入するお金を差し引いてもプラスに転じる使い方をすればokです。
家事代行で2週間に1度とか1か月に1度のペースで週末に作り置きに来てもらうこともおすすめです。

\家事代行サービスCaSyの公式サイトはこちら/
お財布と心が笑顔になる家事代行サービスCaSy



共働きのデメリットとその対策②職場で肩身の狭い思いをしたり、業務内容を変更しないといけなかったりする場合がある

小さい子供を育てながらの就業はなかなか大変です。
特に最初の1年は子供がしょっちゅう熱を出すのでお迎えの電話が頻繁に鳴り、肩身の狭い思いをして業務を中断せざると得ないことも。
感染症なんかにかかると1週間程度通園できません。。。

そういった急な子供のお迎えの関係で業務内容が大きく変わることもあります。
私は客先に時々出向くような業務内容から、復帰後基本オフィスワークの事務業務を担当することになりました。

対策⏩
その状態がずっと続くわけではないと割り切って、事前に会社側に説明し
リモートワークがしやすい業務をさせてもらえないか相談しましょう。

どうしても夫婦共に会社を休めないときは保育園事業者が運営している病児保育サービスを利用しましょう。
事前にユーザー登録しておけば電話予約も可能になるので事前に登録しておくのがおすすめです。

\病児保育・ベビーシッターのピックシッターの公式サイトはこちら/
急な用事もOK!【ピックシッター】



共働きのデメリットとその対策③子供との時間は少ない

共働きで働いているとどうしても子供との時間は少なくなります。
私は職場復帰当初、これが結構辛く感じたのを覚えています。

対策⏩
『子供と一緒にいる時間』イコール『かけた愛情』という方程式にはなりません。
一緒に居れる時間が短い分、一緒に居れるときに沢山の愛情を持って子供を接しましょう。

共働きのデメリットとその対策④子供の「初めて」を見逃すこともある

小さい子供の成長はすごく早いです。
昨日できなかったことが今日突然できるようになったりします。

自宅で子供を見ていると、そういった「子供が初めて〇〇したとき」というのを身近で見ることができます。
が、保育園に預けているとそういったことが身近で見られないことも。

対策⏩
保育園の先生方を密に連携して、「子供の初めて」を共有してもらいましょう。
私は生後6ヵ月から子供を保育園に預けていますが、「初めてコップでお茶を飲めた」、「初めて名前を呼んだらはいはいで先生のところにきた」など
先生方がお迎えの時に教えてくださったので「子供の初めて」を身近で見守られたような気持ちでした。

共働きのデメリットとその対策⑤一時的にお金はかかる

共働きだから一時的にかかるお金というものがあります。

主たるものが「保育料」です。我が家は認可外保育園で月5万円ほど支払っています。
高いところだと月7,8万かかるところもあるみたいですね。(インターナショナルとかではなくても)

が、3歳児から認可保育園は保育料が無償化、認可外保育園も保育料の一部免除が受けられます。

対策⏩一時的な出費と割り切る。長期的に働くことを思えばそこまで大きな出費ではありません。

Sponsored Links

共働きなら夫婦の協力は必須!!!

このブログの読者は女性のほうが多いのですが、共働きの家事育児って妻のほうがメインになりやすいですよね。
我が家もそうです。

でも、共働きなら夫婦の協力は必須です。

男性の皆さま、自分が家事育児をほとんどせずに今まで通りのペースで仕事して
妻が働いているから世帯収入が増える🤘なんて、そんなおいしい話ないですよ❗❗❗

というのも、会社の年下の営業君(一児の父)が「僕営業なんで朝子供の送りするのとか現実的じゃないじゃないですかー」
とか言ってたんですが、うちの会社フレックスでその営業君は朝9時に出社していないんですよね。
朝客先直行とかしてますけど、アポは早くて朝10時だし大体都内だし。(彼は都内在住)
そんな彼の奥様も働いているんですが、送迎は両方奥様。
さらに「土日だけは昼まで寝させてくれって言ってるんです」なんて言ってて。
・・・ちょっと説教してしまいました。

家事も育児も当事者意識を強く持って、分担して取り組んでくださいね😊
単身赴任や長期出張で奥様が仕事しながらワンオペ育児してるって場合は便利家電とか家事代行サービスを使ってください。

\家事代行サービスCaSyの公式サイトはこちら/
お財布と心が笑顔になる家事代行サービスCaSy



Sponsored Links

共働き、私の場合

メリット・デメリット両方書きましたが、今私自身は共働きで本当に良かったと思っています。

「理不尽だーーーー」なんて歯ぎしりしながら眠る夜や、へっとへとになってばたんきゅうする日、
自分の今後のキャリアについて思い悩む日もあります。
「もう嫌。。。」なんて言葉が漏れる日や
落ち込んで夫や友人に愚痴を聞いてもらう日も、夫にイライラをぶつける日もあります。

が、基本的には毎日楽しく、充実した日々を送っています。

ご飯を作るのがめんどくさい日は割り切ってお弁当を買ったりちょっとした外食ができるのも、
共働きでそれらの予算があるからできていることで有難いことだと思っています。

Sponsored Links

今職場復帰するかしないかで迷っている人がいたら

今育休中や仕事から離れている方で、職場復帰するかしないかで迷っている人がいたら
まず職場復帰してみることをおすすめします。

辞めるのはいつでもできるので。
何か難しいこと問題が出てきて、どうしても解決できそうになかったら辞めるなり職場を変えるなりすればよいと思います。

Sponsored Links

おわりに

共働きのメリット・デメリットを紹介しました。

今職場復帰を迷っている方の参考になれば幸いです。

▼お読み頂きありがとうございます。 ブログ村ランキングに参加しています。 下の四角いボタンをクリックして応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
Scroll Up