時短レシピの下味冷凍が食卓を救う!おすすめレシピ本No.1も紹介

時短レシピ 下味冷凍 レシピ

皆さんの時短レシピは何でしょうか?
私は出産後仕事復帰してかの平日は「下味冷凍」レシピで乗り切っています😊

出産前は週末に2時間で10品!とか作り置きをよくやっていましたが、それだけ作ると作り終わった後結構疲れてしまう。
そして日持ちも限られています。
今でもたまに作り置きはしますが、作っても数品だけに留めています。

でも下味冷凍ならものの20~30分程度で次の3,4日分のメインができ、日持ちもするのでおすすめです✨

帰りが遅くなって買い物や料理の時間がなくっても、仕事で疲れて帰ってきても冷凍庫に下味冷凍があれば安心です。
帰宅後早ければ15分で夕食スタートできます。

会社の同僚のワーママに紹介するとすごく喜ばれたので、
ブログでもこの記事を読めばすぐ家庭に導入できるよう下味冷凍についてまとめました🍳

この記事はこんな人のおすすめ
・とにかく忙しくて時短レシピを探している
・下味冷凍について知りたい
・忙しくても健康的な食卓を囲みたい
・家事に使う時間を見直したい
・とにかく節約したい
Sponsored Links

下味冷凍とは?

下味冷凍とはお肉や魚に調味料を揉み込んで味付けし、そのまま冷凍したものです。
食べるときには凍ったままそのまま単品で/他の材料も加えて火を通すだけ。

食べる当日は朝解凍するために冷凍庫から冷蔵庫に移す必要もなくストレスフリーです😁
しかも冷凍庫で一か月はもつので、予定が急に変わったりしても翌週や翌々週に回せて便利です。

週末や特売日にお肉を大量に買って小分け冷凍はやっている方も多いですが、
下味冷凍は小分けして冷凍の時に調味料を一緒に揉み込んでいるわけですね。
調味料を事前に揉み込む分、一見面倒くさそうですが下味冷凍は当日食べるの時の調理の手間が驚くほど楽になります。

Sponsored Links

下味冷凍のメリット

下味冷凍のメリットは下記です。

①下ごしらえと調理が簡単!

下ごしらえはお肉や魚を切ってZiplocなど保存袋にいれ、そこに調味料を揉み込んで冷凍するだけ。

調理はすでに味付けが終わっているので、凍ったまま他の材料とあえて火を通すだけ。
この「凍ったまま」というのがポイントで、解凍の手間がないのがよいんです。

はい、めちゃくちゃ楽です✨

注意
「下味冷凍」のレシピの中には解凍が必要なものもあります。
調理前の解凍は面倒なので、下味冷凍は断然解凍不要のレシピがおすすめです。
解凍不要のレシピ本をこの記事の下のほうで紹介しますね。

②冷凍庫で保存期間が1か月もつ

普通のつくりおきの保存期間は長くてもせいぜい1週間ですよね。
といっても3日程度のものも少なくありません。

下味冷凍であれば1か月日持ちするので、
予定が変わって別のものを食べても全然翌週や翌々週に回せばよいのでストレスフリーです。

③お肉がやわらかくおいしくなる

小分け冷凍して解凍した食材って、食材の中の水分が冷凍する過程で大きな氷の結晶になり
どうしても食材にダメージを与えてしまうそうです。
家庭用冷凍庫では0〜-10度で保たれる時間が長く、それが氷の結晶をますます大きくしてしまいさらに食材へのダメージが大きいそうです。
この食材へのダメージが味にも影響してしまうのだとか。

下味冷凍の場合は一緒に揉み込んだ調味料の塩分が浸透圧によって
食品内の水分を食品外に排出するそうです。
結果、食材の中に氷の結晶ができにくいためお肉へのダメージ(劣化)が起こりにくい=冷凍してもお肉本来の味が落ちにくいと。
むしろ調味料の塩分の効果で、お手頃価格のお肉でもやわらかくおいしくなるそうです。

Maya

下味冷凍と聞くと楽だけどあまり美味しくないイメージがあるかもしれませんがめちゃくちゃおいしいです😆

④食材に味がしっかり染み込む

時短レシピは短い時間で味をつけるので、どうしても味が染み込みにくいです。
染み込みにくい分、調味料を多めに入れてしまうこともありますよね。

下味冷凍なら食材に調味料の味がしっかり染み込むので、調味料を多めに入れることなくおいしくなります。

⑤アレンジがしやすい

下味冷凍はあらかじめお肉や魚に味がついていますが、
あえる食材や調味料が変わると味や食感が変わりアレンジが効きます。

なのでつくりおきで起こりがちな「飽きる」ということがないのです🤗

⑥余計なものが入っていおらず安心・ヘルシー

一般的な冷凍食品って、袋の裏を見ると聞きなれない添加物が沢山入っていますよね。
あまり神経質になると疲れてしまうので私はあまり気にしませんが、
これらの添加物が気になって冷凍食品を避けている方も少なくないですよね。

下味冷凍なら、同じ冷凍ものでももともとの食材と自分が入れている調味料だけしか入っていないので
安心して楽しむことができます。

⑦節約になる

仕事で遅く帰ってきて買い物に行く元気がない、料理するのしんどい、となると
外食したり、出来合いのものを買うこともあると思います。
それが頻繁になってしまうと、自炊と比べるとどうしてもお金が余分にかかってしまいますよね。

下味冷凍なら、野菜や少しの調味料を足すレシピもありますが
レシピによっては冷凍したお肉や魚にフライパンやオーブンで火を通すだけなので自炊のハードルがめっちゃ下がります。

ご飯と汁物をささっとつけると立派なおいしい定食になります。
結果、外食や出来合いのものを利用することが減り節約になります。

Sponsored Links

下味冷凍の方法

保存袋にカットした肉調味料をすべて入れて揉み込み、空気を抜き、平にして冷凍するだけ!です。

保存袋に油性ペンで保存袋に直接料理名と冷凍した日付を記載しておきましょう。
経験上、マスキングテープだとすぐ剥がれてしまうので、袋に直接記載するのがおすすめです。

保存袋は衛生のため使い捨てで、冷凍対応のものを選びましょう。

Maya

100円ショップにも保存袋はありますが、穴が開いてしまい調味料が漏れてしまったことがありました😣
100円ショップにある保存袋は袋が薄いこともあるので、透明のビニール袋で2重にしておくなど対策がおすすめです。

ちなみにイトーヨーカドーのネットスーパーならお肉や魚を無料でカットしてくれるのでめちゃくちゃおすすめです!

節約と時短にイトーヨーカドーのネットスーパーがおすすめすぎる!上手な使い方も紹介

Sponsored Links

下味冷凍のおすすめレシピ本

私は下味冷凍はネットの無料のレシピも試しましたし、レシピ本は4冊読みました。

結果ネットのレシピよりアレンジ数が多く、おいしく(味の濃さがちょうどよいです)、
何より凍ったまま調理できる下味冷凍のレシピはこちらのレシピ本がおすすめです。
これ一冊あれば下味冷凍のレシピは他はいらないと思います。(実際4冊レシピ本を読んでもこの本のレシピしかほとんど使ってません)

Maya

これに載っているレシピはどれもおいしいですが、特にタンドリーチキンはおすすめです!
著作権があるのでレシピを載せることができませんが、気になる方は是非お試しください😊

読んだ他3冊のレシピ本もおいしいものもあったのですが、調理の前に解凍しなくてはいけないのが手間でした。
また、手間がないのが下味冷凍の良いところなのに、調理の際調味料を結構追加しなくてはいけないレシピが多くそこがズボラな私には残念でした。

Sponsored Links

おわりに

平日の救世主、下味冷凍についてまとめました。
簡単・楽・おいしい・ヘルシーとメリットいっぱいの下味冷凍、めちゃくちゃおすすめです!
是非時間がある日まとめて作って毎日の生活に取り入れてみてください。

自分で調味料を合わせて作ってみた下味冷凍レシピもあるので、またブログで紹介したいと思います。

 

Scroll Up