ファイナンシャルプランナー無料相談おすすめ

ライフプランの相談におすすめなのは?ファイナンシャルプランナー無料相談の利用がおすすめ

ライフプランの相談にはファイナンシャルプランナー(FP)の無料相談がおすすめ

「ライフプランの相談をして将来必要なお金を今から効率的に準備したい!最低限のリスクに備えたい」
「ライフプランの相談をしてパートナーと今後のことをしっかり考えるきっかけにしたい」
「ライフプランの相談で家計改善と資産のポートフォリオの見直しをしたい」
などなど、年金の減額や銀行の低金利と明るくない話があるなかライフプランの相談の需要は高まってしますよね。

ライフプランの相談は早く相談すればするほど
その分早く家計改善や資産形成に役立てることができるのですぐ行動🏃‍♂️🏃‍♂️が吉です。

結論、ライフプランの相談は独立系ファイナンシャルプランナー(FP)の無料相談を利用するのがおすすめです。
特におすすめなのは

詳しくはライフプランのメリット・デメリット、よくある質問と共にこの記事にてFPが解説します。

ライププランの相談をして将来の不安を解消したり、家計改善・効率的な資産形成に活かしましょう😊

Maya

目次があるので気になるところだけでもどうぞ。
(クリックでジャンプできます🦘)

目次
Sponsored Links

ライフプラン相談のおすすめの前に;ライフプランって?

ライフプランの相談はファイナンシャルプランナー無料相談の利用がおすすめ

ライフプラン相談のおすすめを見る前に、そもそもライフプランって何でしょうか?

日本語に直訳すると「人生の計画」となり、一言で言うと生涯の人生設計のことですね。

ライフプランとは、将来を予測して、いつ、どんなライフイベントを迎えるかを考え、人生の計画を立てることです。

引用元:日本FP協会

「将来こうなっていたい、こうしたい」という理想の将来像(「子供は〇人欲しい」や「XXXX年までにマイホームを買いたい」、「〇年に1回は海外旅行に行きたい」「子供が高校を卒業するまでに教育費xxx万円貯めたい」など)に基づいて
将来必要になってくるお金や万が一の時のリスク(病気や事故)を洗い出します。
その必要な資金をどう用意するか、リスクにどう備えるか、将来設計を変更する必要があるか、など考えるためのプランになります。

ライフプランを作成することを「ライフプランシュミレーション」なんて言ったりもします。

保険の加入を考えるときなんかはほとんどの場合
ファイナンシャルプランナー(FP)や保険販売員が相談者にヒアリングしこのライフプランを作成するので
実際に自分のライフプランを目にしたことがある人も多いと思いますが

では、このライフプランって絶対作成しなくちゃいけないのでしょうか?
「絶対しなくちゃいけない」ってわけでもないですが、作成したほうが良いです。

ライフプランの作成のメリット・デメリットを見ていきましょう。

ライフプラン作成のメリット

ライフプラン作成のメリットは以下の通りです👇

  • プランに必要なお金を無理なく時間をかけて用意する計画を立てられる
  • 将来の起こりうるリスク(病気やケガ、事故、災害)に備えることができる
  • 無理のない将来設計を立てることができる
  • 自分や家族が将来やりたいことについてじっくり考えたり話したりするきっかけになる
  • 家計改善や資産形成のきっかけになる
Maya

リスクなんて考えたくもないかもしれませんが、
事前に準備しておくことで実際にリスクに直面したときに
パニックを避け、冷静に対処することができます。

ライフプランを作成すると、「これだけのお金が必要」が可視化するので
そのためには毎月の貯金額を見直したり、資産運用をスタートするきっかけにもなってとても良いです。

ライフプラン作成のデメリット

ライフプラン作成のデメリットはこちらです👇

  • 精度の高いライフプランを持つためには定期的に見直しが必要
  • ライフプランは年金・医療・介護・税制等の公的制度や
    株価、為替市場、景気など社会情勢や経済情勢が変わると影響を受ける
    ▶先のことを100%正確に計画するには無理がある

例えば今回の新型コロナウイルス感染症の影響は甚大なものですが
このリスクに100%備えられていた個人や企業はかなり少なかったと思います。

Sponsored Links

生計をともにする家族が居なくてもライフプランの作成は必要?

ライフプランは自立してから結婚していなかったり配偶者に先立たれてしまったりして
生計をともにする家族が居ない人には必要がないのでしょうか。

これは私も友人や同僚にたまに聞かれる(ライフプラン=家族のために作成する、のイメージが強いから?)のですが
1人身であってもライフプランは作成したほうが良いです。

リスクに備えるため、という観点では自分に万が一のことがあったときに配偶者や子供をどう養うか、という部分は考えなくてよいだけで
他にも考慮すべきライフイベントやリスクはあるからです。

10年後に何がしたいのか、どんな風に生活していたいのか?20年後は?
(働き方を変えたり仕事で独立、住宅の購入、旅行などなど)
そのためにはお金がいくらくらいあったほうが良い?という中長期的な計画、老後のための備えなど
節約・家計改善や資産運用は早く始めれば始めるほど資産形成に有利ですし、
早く計画すれば選択肢が広がっていくものもあるからです。

Sponsored Links

ライフプラン相談のおすすめはファイナンシャルプランナーの無料相談

ライフプランについての相談のおすすめはファイナンシャルプランナー(FP)の無料相談を利用することです。

ライフプランの作成はファイナンシャルプランナー(FP)の有料相談でも作成してもらうことは可能ですが、

  1. 作成のためのヒアリング
  2. ヒアリングをもとにファイナンシャルプランナー(FP)が事務所にて作成
  3. 作成したライフプランを元に今後のライフイベントやリスクにどう備えるか考える

という流れになるので、1時間程度では厳しいものがあります。
ファイナンシャルプランナー(FP)の有料相談は1時間あたり5,000円~10,000円かかり
ライフプラン作成といった提出資料がある場合オプション扱いになる追加費用が発生することもあるので合計すると結構お金がかかってしまいます。
(「ライフプラン作成」というパッケージメニューがある事務所もあります)

何より「ライフプランの作成」というのは
ファイナンシャルプランナー(FP)の無料相談で十分こと足りる相談内容だからです。

Maya

ファイナンシャルプランナー(FP)にとってライフプランの作成はドラクエでいうと「ギラ」くらい基本です

お金のプロであるファイナンシャルプランナー(FP)が無料でしっかりヒアリングして作成してくれます。
相談するときは金融系FPではなく、独立系FPの無料相談を利用しましょう。

独立系FPの無料相談で総合的に1番おすすめしているのはです。
良く勉強している知識量が多いファイナンシャルプランナー(FP)が多いです。

\独立系FPによる無料相談の申し込みはこちら/

他社に自分のことを色々話すのはちょっと照れくさいかもしれませんが、
できる範囲で詳細に伝えたほうがより正確なライププランの作成につながります。

「年に一回は旅行に行きたい」「できたらFIRE(早期退職)したい」「クルージングで世界一周したい」など
思っていることは遠慮せずどんどん伝えたのがおすすめです。そうすることでライププランに反映してくれます。

Sponsored Links

ライフプランの相談に用意しておくとよいものは?

ファイナンシャルプランナー(FP)にライフプランの作成を依頼する場合、用意しておくとよい情報はこちらです👇

  • 毎月の収入金額と毎月のだいたいの支出額
  • 預貯金や資産運用している評価額
  • 将来もらえる年金額(年金定期便に記載があります)、すでに受け取っている場合は月々の年金額

ほか、

  • 保険に入っている場合は保険証書
  • 奨学金・マイホーム、車のローン、他借金が残っている場合は明細

も用意しておきましょう✳

Maya

すべての情報がなくても相手はプロなので上手にヒアリングして作成してくれますのであんまり心配しなくても大丈夫です。

Sponsored Links

ライフプランの相談のタイミングは?➡定期的に見直しがおすすめ

ライフプランは一度作成したら終わりではなく、定期的に見直しが必要です。

ライフイベントによって将来必要になってくるお金が変わったり、
以前立てたプラン通りに物事が進まなかったり、社会情勢・経済情勢の影響も受けたりするからです。

当初予定していた通りの金額が毎月貯金できず将来必要なお金の準備の仕方を検討しなくてはならない、
なんてことも珍しくないので、答え合わせも兼ねて定期的に見直しをしましょう。

ファイナンシャルプランナー(FP)にライフプランの作成・見直しの相談をするおすすめのタイミングはこちらです👇

  • 社会人になったタイミング
  • 結婚したタイミング
  • 子どもができたタイミング
  • マイホームなど大きな買い物をしたタイミング
  • 収入が大きく変わったタイミング
  • 会社員を辞めて独立など働き方が変わったタイミング
  • その他家族構成が変わったタイミング
  • 医療・介護・年金など国の制度が大きく変わったタイミング
  • 作成したプラン通りに資産が増えていない場合

まだ社会人になってからライフプランの作成を一度もじっくりしたことがない方は
何もなくてもできるだけ早く相談することがおすすめです。
なぜなら、家計の良くしたり資産形成を始めるのは時間があればあるほど有利+選択肢が広がるからです。

\独立系FPの無料相談はこちら/

Sponsored Links

ライフプランは自分でも作成できる? ➡ できるけどプロにオリジナルのものを作成してもらうのがおすすめ

ライフプランの作成って自分でもできるの?という疑問にもお答えします。

ライププランの作成は自分でもできます。
自分で作成するためのライフプラン作成ツールやサイトも沢山出ていますからね。

が、ライフプランはファイナンシャルプランナー(FP)に相談することがおすすめです。

理由は

  • 公的制度など考慮する点が多く広い知識が必要で
  • 各個人によって内容が変わるのでシミュレーションツールでカバーできないところもあり
  • 作成した後どうするかが重要になってくる

からです。

ライフプランを作成すると将来必要になってくるお金が分かるので
そのお金をどう効率的に且つ無理なく用意するか考えたり、万が一のリスクに備えるのか考えるのが重要です。

そこを手助けできるのがファイナンシャルプランナー(FP)なんですよね。

無料相談だとファイナンシャルプランナー(FP)が必要と判断したときに保険の提案を受けることもありますが、
しつこい勧誘なんてないので心配しなくても大丈夫です。

Sponsored Links

おわりに;早速ライフプランの相談をしよう

ライフプランの相談にはファイナンシャルプランナー(FP)の無料相談の利用がおすすめです。

ライフプランの相談は早くすればするほど、家計改善や資産形成に早く着手できて
将来手にする資産が大きく変わってきます。

時間を置くと億劫になってそのまま放置になってしまうのが人間なので、
今申し込みをしてしまって次の休みはライフプランの作成や見直しの相談をしてしまいましょう~

\独立系FPの無料相談を申し込む/

▼お読み頂きありがとうございます。 ブログ村ランキングに参加しています。 下の四角いボタンをクリックして応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)でゆるミニマリストのバイリンガルワーママ。夫はアメリカ人。
A Guide for a better tomorrow(より良い明日のためのガイド)をテーマに、投資・節約・家計管理などマネー、断捨離、英語、ライフハック、子育て等幅広いジャンルでお役立ち情報を発信します。

目次
閉じる