ファイナンシャルプランナー無料相談おすすめ

リノシー(RENOSY)の評判・口コミは?【悪評あり】FPが面談に進んだのにAmazonギフト券がもらえなかった話。。。

リノシー(RENOSY)の口コミ評判

不動産投資で知名度が上がっているリノシー(RENOSY)、口コミ評判は?
利用して失敗はない?しつこい勧誘はない?色々気になりますよね。

以前から資料請求+六本木オフィスでの面談でAmazonギフト券がもらえるキャンペーンをやっていたリノシー(RENOSY)ですが、
最近新型コロナ感染症対策で『WEB面談』でもAmazonギフト券の得点がもらえるようになりました✨
自宅に居ながらにして不動産投資の知識がつく+Amazonギフト券がもらえるチャンスです‼

これを機にリノシー(RENOSY)が気になる人も増えるんじゃないかなーと思い、
FPの私が【この記事さえ読めばリノシー(RENOSY)のすべてが分かる!】くらいの記事を目指し
その基本情報、特徴、メリット・デメリット、良い口コミ・悪い口コミ、どんな人におすすめか、失敗しないために気をつけること、Amazonギフト券がもらえるまでの流れをまとめました。

ちなみにタイトル通り我が家はAmazonのギフト券はもらえませんでしたが、口コミや周りの友人を見ると皆もらえてますので(我が家以外にもらえなかった人は見つけられませんでした)条件に合う人はもらってくださいね。
もらえなかった理由も隠すことなくこちらの記事に書いています。

リノシー(RENOSY)が気になる方は是非読み進めてみてください。

\資料請求+面談でAmazonギフト券がもらえるリノシー(RENOSY)の公式サイトはこちら/

Maya

長くなるので気になるところだけでもどうぞ。
目次からジャンプできます🏄‍♀️

目次
Sponsored Links

リノシー(RENOSY)の評判を見る前に;我が家がリノシーの面談に進んだ経緯

我が家の資産運用は現金貯金(一部定期預金)、外貨貯金、株式投資、投資信託、保険、仮想通貨で構成しています。
(仮想通貨はほんのちょっとですが)

そう、不動産投資は昔本で勉強したんですが、その時は頭金も出せないしローンを組むのも抵抗があったので「今じゃないな」と思いそのまま何年も手付かずだったんですよね。

が、数年前にに参加して
ローンを組むことのデメリットと、ローンを組んでレバリッジを効かせて収益を生むことのメリットを天秤にかけたとき
後者のほうが大きいなと思い始めたんですよね。(もちろん物件選びは超重要ですが)

そして以前の会社の元同僚が地元でマンション一棟経営を始めた話もゆっくり聞くことができ、ますます羨ましくなり。。。

ラッキーなことに夫も不動産投資に興味を持ち始めたところだったので(夫の上司が軒並み不動産投資している為)
不動産投資についての勉強とリサーチを再開させたって感じです。

で、そんなときにですよ。RENOSYで資料請求➡初回面談(WEB面談OK)でAmazonのギフト券3万円分がもらえるっていうじゃないですか。(欲しいに決まっている)
これは「今でしょ‼‼‼」と思い面談に進みました。

2022年4月追記:2022年4月現在は資料請求+初回面談でAmazonギフト券5万円分がもらえます。(いつまでか未記載)

ネタバレしてしまうとAmazonギフト券はもらえなかったんですが、勉強になったし課題も見えたので話を聞いて良かったかな、と。詳しくは記事内で記載してます。

\資料請求+面談でAmazonギフト券がもらえるリノシー(RENOSY)の公式サイトはこちら/

Maya

気合が入りすぎてちょっと長いですが、気になるところだけでもどうぞ。目次をクリックするとジャンプできます🏃‍♂️

Sponsored Links

リノシー(RENOSY)の基本情報

リノシー(RENOSY)は株式会社GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)が運営する不動産総合サービスです。

まずは基本的な情報を見ていきましょう~

スクロールできます
サービス名リノシー(RENOSY)
運営会社株式会社GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)
設立2013年3月12日
資本金72億2057万4649円(2021年7月末時点)
従業員数726人(2022年1月末時点、グループ会社を含む)
事業内容₋PropTech(不動産テック)総合サービス「RENOSY」の運営(不動産情報メディア、不動産売買仲介、不動産販売、設計施工、不動産管理)
₋SaaS型のBtoB PropTechプロダクトの開発
₋AIを活用した不動産ビッグデータの研究
₋中国⼈投資家向けプラットフォーム「神居秒算」など海外PropTech事業の運営
グループ会社イタンジ株式会社
株式会社RENOSY FINANCE
株式会社Modern Standard
株式会社RENOSY X
株式会社RENOSY ASSET MANAGEMENT
株式会社神居秒算
积爱科技(上海)有限公司
株式会社パートナーズ
所在地Headquarters(東京本社)
〒106-6290
東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー 40F
Osaka Branch(大阪支社)
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー 12F
Sapporo Sales Branch(札幌営業所)
〒060-0042
北海道札幌市中央区大通西5-1-1 桂和大通ビル38 5F
Yokohama Sales Branch(横浜営業所)
〒220-0005
神奈川県横浜市西区南幸1-1-1 JR横浜タワー21F
Nagoya Sales Branch(名古屋営業所)
〒451-6090
愛知県名古屋市西区牛島町6-1 名古屋ルーセントタワー 5F
Fukuoka Sales Branch(福岡営業所)
〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神1-1-1 アクロス福岡 12F
加盟団体一般社団法人人工知能学会
一般社団法人リノベーション協議会
公益社団法人全日本不動産協会
公益社団法人不動産保証協会
公益社団法人日本賃貸住宅管理協会
新しい都市環境を考える会
DX不動産推進協会
一般社団法人 日本コンピュータセキュリティインシデント対応チーム協議会
顧問弁護士田辺総合法律事務所 代表パートナー弁護士 田辺 克彦
顧問税理士税理士法人山田&パートナーズ
顧問社労士社会保険労務士 表参道HRオフィス 代表社会保険労務士  山本 純次
監査法人EY新日本有限責任監査法人

不動産投資を考えるまでは全くノーマークでしたが、資本金が72億あり従業員700人超抱えるジャイアントカンパニーです。

創業5年目の2018年にはマザーズ上場も果たしています。
WEBCMも作ってますね~🔽

「不動産投資の面談だけでAmazonのギフト券がもらえるなんて怪しい!」と思う方もいるかもしれませんが、
会社情報を見る限り怪しい要素はありません。
むしろしっかりした基盤のある会社であることが分かります。

\公式サイトはこちら/

下記記事ではリノシー(RENOSY)を運営するGA technologies(ジーエーテクノロジーズ)が怪しいのか7つの視点で検証しています👇

Sponsored Links

リノシー(RENOSY)の特徴

Maya

時間がない人向けにリノシー(RENOSY)の特徴をまとめておくとこんな感じです

  • ITテクノロジーと不動産を掛け合わせてサービスを提供(物件選定・シミュレーション・物件管理システムなどなど)
    ➡AIと人の力で優良な物件を選定し、入居率は99%を実現
  • 数々のM&Aによりリノシー(RENOSY)のグループ会社内で中古マンションの「知る」「探す」「融資を交渉・受ける」「買う」「リノベーションする」「投資する」「管理する」「売却する」を1つの窓口ですべて可能
    ➡他の業者を使わないためサービスの低コストを実現+顧客に還元
  • 東京マザーズ上場企業が運営
  • 新築・中古マンション投資売上1位(2020年に中古マンションで1位、2021年に新築含めたマンション投資で1位)
  • 年収500万円以上の社会的信用が高い正社員向けにサービスを提供(ローンを組むことが前提のため)
  • 紹介される投資先は主に都内のワンルーム中古マンション
  • 資料請求➡面談でAmazonギフト券3万円分がもらえる
    ※2021年夏以降はWEB面談も可能に✨(以前は対面面談オンリーでした)
  • 社員の10人に1人がリノシー(RENOSY)の元顧客➡実際に不動産投資している社員がほとんどなので生の声も聞ける

2022年4月追記:2022年4月現在は資料請求+初回面談でAmazonギフト券5万円分がもらえます。(いつまでか未記載)

\資料請求+面談でAmazonギフト券がもらえるリノシー(RENOSY)の公式サイトはこちら/

今業界で伸びに伸びているイケイケどんどん🎉な会社でもあります。

Sponsored Links

リノシー(RENOSY)のメリット

Maya

実際に面談を受けて&資料を読み込んで分かった
リノシー(RENOSY)のメリットをまとめました

リノシーのメリット①AIと人の目で厳選された長期的に需要が見込める物件だけを紹介してもらえる➡入居率は99%!

リノシー(RENOSY)ではITテクノロジーを使ってそのサービス提供・運用を行っています。
特徴的なのが、その物件探しです。

不動産の仲介業者が取り扱っている物件は5,000件ほどあるらしいのですが、そのうち投資対象として優良なものは1%程度しかないそう。
その大部分をAIによってまず自動で取り除き、残った優良物件を人の手で精査することでその1%に近い優良な物件だけを取り扱っています。

結果、リノシー(RENOSY)物件の入居率は99%を誇っています。

STEP
大量の物件情報をAI(画像解析)で取り込む

毎月5,000件以上の物件が出てくるので普通はここに人材コストがかかってしまうところを自動化しているそう

STEP
独自のスコアリング手法で価値の高い物件を厳選

取引事例、環境分析、仕様評価、利便性、管理状況など複数の視点で様々なデータを使い
長期的に賃貸収入を得られそうな物件をフィルタリング。

STEP
その上位数%の物件を、プロの目で確認・交渉

テクノロジーを使って集めた物件を、次は有識者の目を使ってその上位数%に絞り
本当に長期的に安定した賃貸収入を見込めそうな物件だけを厳選

ポイントはAIを使って人件費の削減をしているだけでなく、数字を使ってスコアリング⏩物件をフィルタリングし、
最後にちゃんと知識のある人の目を使って物件を厳選しているところ。AIまかせにしてません。
独自のスコアリングで物件をフィルタリングしているのは自社にエンジニアを抱えているからこそできる技ですね!

分かりやすい動画があったので貼っておきます👇

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)でゆるミニマリストのバイリンガルワーママ。夫はアメリカ人。
A Guide for a better tomorrow(より良い明日のためのガイド)をテーマに、投資・節約・家計管理などマネー、断捨離、英語、ライフハック、子育て等幅広いジャンルでお役立ち情報を発信します。

目次
閉じる