生活費の内訳は?自分の支出の項目と割合は妥当?黄金比率はこうやって知ろう

生活費の内訳

生活費の内訳と項目ってどうやって決めていますか?

「貯金もっとしたいなあ。今の生活費の内訳のうち、使いすぎているのは何の項目なんだろう?」
なんて疑問がわくことありますよね。

一方で情報があふれかえっている今の時代、
「インスタのこの人は年間xxx万円も貯めている!うちもなんとかしないと💦」
「SNSで公表されていたあの人は家族構成同じなのにうちよりも食費が1万円も安い⛈どうしよう😫」
なんて不安になることもあるのではないでしょうか。。。

これらの疑問や不安は、自分の生活費の内訳の黄金比率が分かっていればなくなります⭐
また、黄金比率が分かれば家計の改善もできるので貯金や投資に回すお金を計画的に残すことができます。

この記事では生活費の内訳の考え方、自分にミラクルマッチした黄金比率を知る方法について紹介します🤗

この記事はこんな人のおすすめ
・自分の生活費の内訳が妥当なのか知りたい
・家計の改善して貯金・投資のための金額を増やしたい
・自分の生活費で何の項目が使いすぎているのが分からない
・他の家庭の貯蓄金額を知って焦ったり不安になってしまう
Sponsored Links

自分の生活費の項目と内訳は妥当なの?

自分の生活費の項目と、内訳が妥当かどうか、なかなか知る機会ってないですよね?

だから同じような年齢の人や家族構成の人が自分たちよりかなり多く貯金している、なんて聞くと焦ったり
「自分の家計はこのままで大丈夫かな?」と不安になったりします。

でも、実は自分の生活費の内訳は妥当で、【改善の余地なし】の可能性もあります。

そもそも「自分の生活の内訳を分かっていないよ」という方もいるかもしれません。
既に今の家計に不満や不安が一切ないのであればそのままで良いかもしれませんが、
もし改善したいのであれば家計簿をつけ、自分の支出の内訳と項目をすることを強くおすすめします。

我が家では家計簿アプリ「zaim」とエクセルを併用して家計管理しています。
関連記事:【おすすめ家計簿アプリ】あらゆるやり方で失敗した我が家がZaimとエクセル併用で家計管理できるように!

各項目ごとの予算の設定についてはこちらの記事で紹介しています。
関連記事:「お金がない」を卒業!初心者が節約したいと思ったらまず最初にやるべきこと

Sponsored Links

みんなの生活費の平均とその内訳と項目は?

総務省が2人以上の世帯の支出とその内訳の家庭調査をしており、
その結果を下記公式ページにて公表しています。

参考 家庭調査総務省統計局

最新の月次調査結果の詳細を一部抜粋した情報がこちらになります。

消費支出(二人以上の世帯)は, 1世帯当たり 287,173 円

消費支出とその内訳(2020年1月-2人以上の世帯)

費目 金額(円)
消費支出 287,173
食料 76,011
住居 16,070
光熱・水道 25,688
家具・家事用品 9,481
被服及び履物 12,184
保険医療 13,880
交通・通信 38,918
教育 8,719
教養娯楽 28,174
その他の消費支出 58,048
消費支出(除く住居費等※) 245,248

※ 「住居」のほか,「自動車等購入」,「贈与金」,「仕送り金」(いずれも用途分類の金額)を除いている。

出典:家庭調査報告-2020年(令和2年)1月分-

上記調査結果を見て、どう思われたでしょうか。。。

そう、これって「高い」とか「安い」以前に
「2人以上の世帯」というくくりで調査しているので、その他の条件がごちゃまぜなんです。

1人暮らしの人はもちろん、3人暮らし以上の人は変わってきますし、
同じ2人暮らしでも共働き同士のパワーカップルと、シングルマザーやシングルファーザーは変わってきます。

そして住居費や教育費、安すぎませんか。。。。😵
我が家は関東の賃貸で軽く5倍以上かかっていますし、教育費も共働きなので保育料だけで月5倍かかっています。
(賃貸の費用も、保育料もこちらの相場では普通です。)

つまりこの場合の平均値って自分の生活費の内訳を測るのにほとんどあてにならないんですね👾

Sponsored Links

生活費の内訳と項目は人によって全くかわってくる

前述した総務省の調査結果からもわかるように、生活費の内訳と項目は人によって全く変わってきます

具体的には下記のような要素・条件がかかってくる生活費に関わってきます。

  • 収入
  • 会社員か自営業(個人事業主・フリーランス)か、会社員の場合雇用形態
  • 家族構成
    (1人暮らし、2人暮らし/それ以上、子供いる/いない、親同居している/していない、シングルマザー/ファーザー)
  • 持ち家か賃貸か社宅か
  • 住んでいる地域(都会か地方か、国内か海外か)
  • 車を持っているか持っていないか
  • 近くに家族が住んでいるか
  • 自分や家族の健康状況

Maya

上記のように、かなり色々な要素が生活費にはかかわってくることが分かります。
これを家族構成だけで妥当な生活費の内訳が算出できるわけないんですね。

少し前に老後資金で各家庭2,000万円用意しないといけない、なんて話が話題になりましたが
これも生活費同様、計算に様々な要素が含まれてくるので必要な老後資金は人・家庭によって変わってきます。

Sponsored Links

自分の生活費の内訳の黄金比率を知るおすすめの方法

人によって全く変わってくる生活費の内訳、当然理想の生活費の内訳=黄金比率も家庭によって変わってきます。

では自分の生活費の内訳の黄金比率や、
今の生活費の内訳が妥当なのか、どう改善すればよいのかはどうすればわかるのでしょうか?

自分の生活費の内訳の黄金比率を知るおすすめの方法①【まず自分で考えたい人向け】書籍を参考にして自分でアレンジする

ファイナンシャルプランナーが書いたこちらの書籍はケース別の理想の生活費の内訳が紹介されています。

下記12のケース別で最適な生活費の内訳の割合が紹介されています。

・ケース1:  単身者(1人暮らし)
・ケース2:  単身者(実家暮らし)
・ケース3:  DINKS
・ケース4:  夫婦と小学生以下の子ども2人
・ケース5:  夫婦と小学生の子ども1人、小学生以下の子ども1人
・ケース6:  夫婦と小学生の子ども2人
・ケース7:  夫婦と中学生の子ども1人、小学生の子ども1人
・ケース8:  夫婦と中学生の子ども2人
・ケース9:  夫婦と高校生の子ども1人、中学生の子ども1人
・ケース10: 夫婦と高校生の子ども2人
・ケース11: 夫婦と大学生の子ども1人、高校生の子ども1人
・ケース12: 夫婦と大学生の子ども2人

自分に当てはまるケースの最適な生活費の内訳の割合を参考にし、生活費の内訳の予算を組んでみましょう。

ただし、上記の12のケースはあくまでも家族構成のみに着目した最適な生活費の内訳の割合になります。
持ち家だろうが、都会暮らしだろうが田舎暮らしだろうかなど他の条件は考慮されていません。
(住んでいる地域によって生活費ってかなり変わってくるのですが😅)

また、最適な生活費の内訳の割合を参考にしても、家族構成以外の条件が考慮されていないため自分でアレンジが必要になります。
その際、あくまでも自分や家族目線になるのでそれがどれだけ妥当か客観的な判断は難しいです。
また、どう改善すればよいかのパーソナルなアドバイスは受けられません。

そういった理由で、次に紹介する方法が1番おすすめです。

自分の生活費の内訳の黄金比率を知るおすすめの方法②【1番おすすめ】お金のプロであるファイナンシャルプランナーに相談する

はい、お金のプロのファイナンシャルプランナー(FP)に相談することです。

「お金のプロに相談」と聞くと大ごとな感じに聞こえるかもしれませんが、
今はファイナンシャルプランナーによる無料相談が一般的に行われています。

これが一番手っ取り早く、お金がかからなく、自分の様々な条件を考慮したプロの目線でのアドバイスがもらえておすすめです。

ファイナンシャルプランナーの無料相談については下記記事で詳しく紹介しているのでよかったら参考にしてみてください。
関連記事:~無料なのはなぜ?~FP ファイナンシャルプランナーの無料相談がおすすめの理由と利用時の注意点

下記リンクから申し込みをすると後日日程調整の連絡が入ってきます。

\何度でも無料のファイナンシャルプランナーによる相談の申し込みはこちら/

その際、「生活費の内訳(家計の見直し)について相談したい」と伝えましょう。

Maya

私も何度かファイナンシャルプランナーに家計簿を見せて、減らすべき項目などアドバイスをもらいました。
自分では気がつかないような点をプロ目線でアドバイスしてもらえて家計改善に役立ちました😊
お金・生活費の内訳には将来に必要になってくるお金も関わってくるので、
同時にライフシミュレーションを作ってもらうのがおすすめ😊です。
Sponsored Links

ファイナンシャルプランナーに我が家の生活費の内訳をレビューしてもらった結果~3人暮らしの場合~

毎月の生活費の内訳をファイナンシャルプランナーの無料相談にてお金のプロに見てもらいました。

相談内容と結果を以下記事にまとめているので良かったら参考にしてみてください。

関連記事:お金のプロにレビューしてもらった生活費の内訳~共働き3人家族の場合~

Sponsored Links

自分の生活費の内訳の黄金比率はライフスタイルが変わると変わります

一度生活費の内訳の黄金比率を教えてもらっても、実際にその予算で生活してみるとその通りにならなかったりします。
その場合は無理し過ぎずに調整をしていきましょう。

また、生活費の内訳の黄金比率はライフスタイルが変わると変わってきます。
特に引っ越しや子供の進級などは月々の支出に大きな影響があるので、定期的に見直しをしましょう。
Sponsored Links

おわりに

生活費の内訳の考え方、自分にミラクルマッチした黄金比率を知る方法について紹介しました。

自分の生活費の内訳の黄金比率を知るおすすめの方法
①書籍を参考にして自分でアレンジする
②お金のプロであるファイナンシャルプランナーに相談する

毎月の生活費の内訳の黄金比率が分かると、日々のお金の使い方が変わってきて貯金体質になれます。
是非ご自分の生活費の内訳の黄金比率を見つけてくださいね。

\生活費の内訳(家計の見直し)の相談ならファイナンシャルプランナーの無料相談/

▼お読み頂きありがとうございます。 ブログ村ランキングに参加しています。 下の四角いボタンをクリックして応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
Scroll Up