【FP ファイナンシャルプランナーの相談】事前に準備しておきたい7つのこと~スムーズに相談を進めるには~

FP相談事前にすること

こんにちわ。Mayaです🍍

ファイナンシャル・プランナー(以下FP)の相談、無料・有料に関わらず使われる方も多いと思います。
(現在はTVや本で引っ張りだこなFP以外は無料の相談が主流です。)

何も準備していなくてもFPが上手に質問して状況を把握してくれます。
が、事前に準備しておいたほうがよりスムーズに話を進めることができ、効率的です。

この記事では、述べ7人以上のFPに相談してきた私が、相談の前に準備しておいたほうが良いことを紹介します。

この記事はこんな人におすすめ
  • FPへの相談を控えている
  • お金や保険についてプロに相談したいことがある
  • FPへの相談を検討している
Sponsored Links

そもそもFPって?

FP(ファイナンシャル・プランナー)とは、個人のお金や資産について、資金計画を立てたり、アドバイスをするお金の専門家のことです。
省略してFPと書かれることも多いです。

FPは家計や保険の見直し・住宅購入資金の準備・教育資金・老後の資金、資産運用など幅広いお金にまつわることについて、
依頼者の状況に合った計画を立て、問題解決のためのアドバイスをします。

FPとして活動するには資格が必要です。
FPの資格には国家資格と民間資格の2種類があり、国家資格は『FP技能士』、民間資格は『CFP資格・AFP資格』です。

国家資格と民間資格のどちらを取得している人でも、対応できる相談内容に違いはないため依頼者の私達に影響はありません。

国家試験と民間試験の関係性の情報はこちら⬇
日本FP協会公式ページ

Sponsored Links

FPの無料相談が無料の理由と注意点

現在、書籍を出すなどしている超売れっ子のフリーランスFPはさておき、
大多数のFPが保険会社や代理店などなにかしらの組織に所属し、無料相談を実施しています。

FPの無料相談とその注意点については下記記事をご覧ください。

Sponsored Links

FPにはどんな相談ができるの?

ざっくりいうと、幅広ーーーーいお金の相談ができます。
下記のようなことについてです。

      • 家計の見直し
      • 保険の見直し
      • 資産運用
      • マイホームや車など、大きな買い物をするときの資金(頭金の準備やローンについて)
      • 教育資金
      • 老後資金
      • 税制対策
注意
一言でFPと言っても、一部の相談のアドバイスをするには別途資格が必要な場合もあります。
詳しくは事前に準備しておきたいこと⑤にて説明します。
Sponsored Links

FPの相談で事前に準備しておきたいこと

全部で下記7つです。
時間のない場合はできるものだけ準備しておきましょう。
後述しますが、⑤だけは事前にやっておいてほうが良いです。(他は2回目以降の準備でもどうにかなります)

①自分の資産状況を把握
②収入と支出が分かるものを用意
③持っている保険証書を用意
④持っている貯金や株など投資商品の内容がわかるものを用意
⑤具体的に聞きたい内容を事前にFPに伝えておく
⑥具体的に聞きたい質問と、最終目標を整理しておく
⑦相談内容について簡単に予習しておく

1つ1つ見ていきましょう。

MEMO
相談内容によっては7つすべては必要ないケースもあります。
FPの相談は日時を設定する時にFP側と連絡を取るので、
その際今回相談したい内容と事前準備に必要なものをダブルチェックしましょう。

FP相談で事前に準備しておきたいこと①自分の資産状況を把握

まずFPに相談する前に、現在の資産状況を把握しておきましょう。

貯金や株・投資信託、保険商品などの資産についての情報は、資産計画を立てるときに必要になります。

マイホームや車、他物件などを所有している場合は、その情報もあるとよいです。
ローンなどの返済や、リフォーム・買い替えの費用が必要になるのであれば、その資金を考慮した計画を立ててもらえます。

また、カードローンなどの借金がある場合は、借入先や借入額・借入条件などがわかるようにしておきましょう。
奨学金の返済がある場合も、残りいくら残っているのか、金利はいくらなのかわかるようにしておきましょう。
借入金の返済を考慮した資金計画を立てたり、借り換えを検討したりする際に必要です。

FP相談で事前に準備しておきたいこと②収入と支出が分かるものを用意

収入は月々の手取り額とボーナスが出る場合はその金額、
支出は各項目が分かるのが好ましいので、家計簿があれば安心です。

収入も支出、支出の内訳が大体頭に入っている場合は紙で何かを用意しなくても大丈夫です。

ただ支出の内訳まで頭に入っている人は少ないです。
家計を改善したい場合、できれば家計簿をつける習慣を持ちましょう。

ほぼ自動で家計簿をつけられる仕組みを作ってしまうと、家計簿はうんと楽になります。

Maya

家計の見直しの相談をしたい人は、この収入と支出が分かるものは必須情報になります。
だいたいでも良いので、できるだけ情報を整理しておきましょう

FP相談で事前に準備しておきたいこと③持っている保険証書を用意

今持っている保険の内容が分かる、保険証書を用意しておきましょう。

依頼すれば今の自分には合っている商品になっているか商品のレビューをしてもらえます。

FP相談で事前に準備しておきたいこと④持っている貯金や株など投資商品の内容がわかるものを用意

今持っている貯金額、保有している株など金融商品の内容が分かるものを用意しておきましょう。

収支の情報と同じく、だいたい頭に入っている場合は紙で何かを用意しなくても大丈夫です。

FP相談で事前に準備しておきたいこと⑤具体的に聞きたい内容を事前にFPに伝えておく

事前に聞きたい内容をできるだけ具体的にFP側に伝えておくことは凄ーーーく重要です。

なぜならお金の話は幅広く、FPにも得意・不得意があるからです。
住宅ローンについて相談したければ住宅ローンについて詳しいFP、
投資信託について相談したければ投資信託について詳しいFPに話を聞くべきです。

例えば投資信託について詳しいアドバイスをするには、FPの資格とはまた別の資格が必要なので、
担当になったFPがその資格を持っていないのでは実のある話になりません。

他の事前準備には手が回らなかったとしても、これだけは抑えておきましょう。

FP相談で事前に準備しておきたいこと⑥具体的に聞きたい質問と、最終目標を整理しておく

FPの相談は通常1回1時間~1.5時間です。(集中力の限界がこれくらいだと思います🤤)
「医療保険に生命保険、老後資金、ああついでにマイホームの頭金についても!」なんて感じだとすぐ時間が足りなくなってしまいます。

そのため、あまり話を広げすぎないで、各回テーマを絞って聞きたい質問と、最終目標を整理しておくことをオススメします。

例えば、「教育資金をあと15年で500万円貯めたい。家計に無理のない計画と立てたい」などです👨‍👩‍👧

FP相談で事前に準備しておきたいこと⑦相談内容について簡単に予習しておく

FPに相談していると、どうしても金融の専門用語が出てきます。

もちろんFPは質問すればいくらでも説明してくれますが、その説明に時間を取られてしまっては
肝心の相談したい内容の話があまりできなかった、なんてことになります。

事前に相談内容について本やネット、友人の話でリサーチし予習しておくと当日の相談がスムーズです。

Sponsored Links

おわりに

いかがだったでしょうか。

FPには家計や保険の見直し・住宅購入資金の準備・教育資金・老後の資金、資産運用など幅広いお金に関する相談ができます。
スムーズに話を進められるよう、前もってできるだけ準備しておきましょう。

しっかりと準備することで、FPへの相談がより効果的なものになります。

\何度でも無料の独立系FPの無料相談はこちら/

 

 

Scroll Up